賃貸物件の利用

ビル群

賃貸オフィスとは何か

賃貸オフィスがはやっています。賃貸オフィスとは、ビジネスに必要な椅子や机や情報機器等を備えたオフィスのことをいいます。 賃貸オフィスのメリットは低いコストで借りることができ、起業をするときに利用される機会が多いのです。 この賃貸オフィスの歴史は、1978年にオーストラリアの起業家が作ったものです。当時はオーストラリアや諸外国で流行っていましたが、日本に上陸をしよと始めたのは1997年頃です。 やがて日本の企業でも賃貸オフィスに注目し始め、賃貸オフィスを業務とする会社も現れました。ただ日本にはもともと机貸しという業務がありました。これは、机や椅子、情報機器等を貸してくれますが、空間まで起こしてくれるわけではない点で賃貸オフィスとは違います。

様々な賃貸のオフィス

賃貸オフィスは日本に広まり始めると、従来の形ではなく様々な形の賃貸オフィスが展開されました。 その1つが期間貸しのオフィスです。これは東京都内を中心に100カ所以上展開しているもので、月単位で賃貸をしてくれます。期間貸しの良いところは、会社登記に住所を使うことができる点です。この場合、税務署に 届けを出さなくてはいけないという決まりがある点は注意すべきです。 それ以外には、時間貸しと言うオフィスも存在します。これは時間単位で区切るオフィスで、流動的なビジネスを行う最近の傾向から一定の人気を得ています。 さらに、バーチャルオフィスと言う形の仮想オフィスがはやっています。このバーチャルオフィスとは、オフィスを東京都内に借りて、実際の事務所は地方にあるというものです。つまり東京のオフィスには、オフィスとしての機能はなくただ住所を借りている状態です。

このエントリーをはてなブックマークに追加